messenger
2016/03/04
ハブネット 創立20周年
ハブネットエクスプレス創立20周年

ハブネットエクスプレス(以下ハブネットと表示)が日本、アジア、ヨーロッパ、アメリカのお客様、パートナーにプレミアクーリエ、航空/海運貨物、ロジスティックサービスの提供を開始して20年が経ちました。
ハブネットは20年の時を経て優れたアイデアを持った新規ベンチャー企業から,100を超える国内倉庫と3つの国際的メインハブで形成される独自のネットワークを持つ成功したグループにまで成長いたしました。
ハブネットの創業者であり、社長のアヌワ メッセルマニはグローバルクーリエサービスの創設期よりのパイオニアの一人であり、1980年台からフランス及び中近東の大手国際複合輸送会社へのコンサルティングに15年以上携わり、フランス、チュニジア、モロッコのOCSの社長を歴任して来ました。1994年まで中近東、ヨーロッパ、北アフリカでのOCSの拡充を通して、それらのマーケットでのクーリエサービスの法規的認可の規制や各国での通関実務についての多くの知識を蓄積してきました。
90年台後半、ヨーロッパの郵政公社が国際複合輸送会社を買収、合併する流れが起こり、マーケットに激しい価格競争をもたらしたことで顧客に利益をもたらすとともに輸送時間にも影響を及ぼしました。その流れに伴い、エクスプレスサービスにおける時間厳守に対する期待はなくなってしまい、エクスプレスサービス企業は標準的なサービス提供者でしかなくなってしまいました。大手国際複合輸送業者はサービスについて殆ど同様のパーフォマンスを提供するに留まり、価格の引き下げが唯一の競争力となってしまいました。
1995年においてのメッセルマニのビジョンはそれらの標準的な業界のトレンドに反し、“ファーストクラスクーリエ”セグメントを開発し、そのギャップを埋めるというものでした。この20年間、バイオ/医薬、ロジスティックス、美術品分野においての新サービス開始については常にファーストクラスミッションを持って高付加価値のあるサービスを提供に努めてまいりました。その結果、ハブネットは強固な信頼を構築し、ファーストクラスサービス提供者として日本で多くのお客様より支持を頂き、また海外でも80以上のパートナーを設ける事が出来ました。
ハブネットがタイムクリティカルスペアパーツロジスティックス、医療検査研究をサポートするバイオ/医療の専門サービス、貴重な美術品、蒐集品をグローバルに輸送する主要なオークションハウスや画廊への美術品輸送サービス等の戦略的なサービス導入の段階によって組織的な拡張を成し遂げられた事に関して当社のお客様、パートナーに対して感謝申し上げます。
新サービスの導入に際し、ハブネットは必要な全ての認可を取る事によって業界での完全なコンプライアンスに基づいたサービス提供者としての足跡を残してきました。例えば:国土交通省の運輸業者認可、倉庫業認可、通関業者登録、IATAメンバー、ISO9001認可等です。
当社ハブネットは当社のお客様、パートナー、従業員、及び株主の皆様にこの創立20周年記念日を成功裏に迎えられた事について感謝申し上げます。皆様のフィードバック、助言、洞察が現在のハブネットを形成し、皆様の信頼が皆様の大切なビジネスをサポートさせて頂く私達のサービスの支えとなります。
これからも引き続き当社の大切なお客様およびパートナーに素晴らしいサービスを提供出来る様努力していく所存でございますのでよろしくお願い致します。

Marketing Division: info@hubnetexp.com
株式会社 ハブネット
www.hubnetexp.com
Language
グローバルページに戻る